DATA01を使ってみた。

Sponsor Link

auのWiMAXと携帯のデータ通信(CDMAwin)の両方を使える通信アダプタ(DATA01)を使ってみました。
WiMAXとは、WLANに近い周波数で携帯電話のように出力パワーを上げてカバーエリアを10km程度に広げて、高速(下りMAX40Mbps)にしたもの。
検討するきっかけは北海道等の旅先でネットを使うため。iPADも考えたが、SOFTBANKは地方で通信エリアに難があり削除。 本命のFOMAのデータ通信は、使わない月の金額は本体1000円程度だが、うちのプロバイダが対応しておらず、プロバイダも含めると1500円程度になってしまい、2年の縛りがあるので、NG。
DATA01の場合、自宅のプロバイダがau_one_net(昔のDION)でなので、プロバイダ料金は新規に必要とせず、使わない月は980円、沢山使ってもMAX5750円でいける。
かつ携帯もauなので、端末料金は0円で、2年の縛りなし。auでないと誰でも割りにして2年の縛りを入れれば端末0円は可能。(@近くのauショップで)

気になる速度は、新日本海フェリーの小樽港周辺でもWiMAXが使えて快適で、郊外のCDMAモードでも動画でないサイトを見るのは十分の感じだった。 (但しYouTubeなどのの動画や、メッセンジャーやSkypeなどの音声通話は使用できない仕組みになっている。)
(長男は高校受験なので、今年は次男と2人で北海道へ行くことにしました。)

それと、DATA01の紹介サイトは情報の少ないFLASHばかりだが、あまり意味がないので、HTMLのページも選択できるようにしてほしい。

DATA01

Sponsor Link

シェアする

フォローする

コメント

  1. ばきこ より:

    WiMAXがもうすこし広がればいいのだけど。
    うちでは全然使えないレベル。