気象関連新記録 瞬間最大風速のカラクリ

Sponsor Link

2018年台風24号で、過去最高45.6mの風速を記録した報道されている八王子ですが、高台にある我が家のTVアンテナも無事でなんの被害もありませんでした。
何故、955hPa位の規模で最高記録なのか不思議に思い、ちょっとググって調べてみて、面白いサイトを見つけたので紹介します。

もちろん被害が出た方もいらっしゃるはずで、その方々には、被害の出る大きな台風である事には変わりないと思いまので、お見舞いを申し上げますと共に、気分を害された場合は申し訳ありません。

測定地点&設置状況

個人のページで、アメダス等の測定器の写真を撮影して紹介しているサイトがありました。
東京はこちら
ホームはこちら

こんな感じでアメダスの様子が判ります。

気温の測定で色々問題指摘情報があるので、何かおかしな設置方法になっているのかな?と疑りましたが、これはなさそうです。
この人のページでも、最高気温で話題になる岐阜の多治見の測定ポイントはチクリと書いてありますね。

アメダスによるブースト

以前から、アメダスを沢山つくる事によって、測定ポイントが増え、より特異値が検出され、最高記録は更新されるんだろうなと思っていましたが、数だけではは無く、統計記録開始時期の問題もあるんですね。

アメダスの過去情報をみるには、このページから入ると面白いです。
ここで、八王子を指定し、地点ごとの観測史上1~10位の値 をクリックすると、

が出て来ます。確かにアメダスの記録計で10/1の記録が新記録になっているのですが、八王子の瞬間最大風速の統計が記録され始めたのは、僅か10年前の2008年というわけです。平均風速、降水計などはもっと前から残っているので、最大瞬間風速のみ最近記録が残せるようになったんですね。

そういえば、良心的なTV局は統計を取り始めたxx年からと言っていた様な。
ちなみに、東京(多分気象庁と思われる)は1937年から記録が残っており、1938年に46.7mを記録しています。 少し気になったところチラチラ見ただけですが、室戸岬は1920年から記録が残っていて、1961年に84.5mの記録が残ってますね。

ゲリラ雷雨とか新しい言葉を作るのに抵抗を感じていて、ちょっと最近の気象報道は煽りすぎの様に感じているのは私だけでしょうか?
煽って、被害が少なくなればそれはそれで良しという考えもあるでしょうが。。誠実、適切な報道や情報公開を願いたいですね。

Sponsor Link

シェアする

フォローする